FC2ブログ
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 再建外来、退院後3回目
2010年11月11日 (木) | 編集 |
久しぶりの更新ですっ(汗)

そして久しぶりの再建外来日でした。


10時予約で診察室に入れたのは12時頃。
主治医S先生は午後休診になっていました。

そんなわけで11時半頃、「どぉも(^_^)」と笑顔で去っていく先生…。
それと入れ替わりでK先生登場。

いや、全然大丈夫です!
K先生でも(笑)
今月残りの木曜全てが休診告知されていたので、
とりあえず診察していただけるだけで、はい。



実は先月頃、再建側の脇(背中)よりに違和感を感じ、
探ってみると米粒大と小豆大ほどのしこり2つ発見。

日常生活や仕事中などで微妙に痛いような?

だが。
ここはお尻の脂肪が入っているはずの場所。
まさかの…とは思わず、焦らず今日の通院まで待っていた。



中待合室に呼ばれるまでの間、
ツレはゲームをし、私は本を読んでいたんだけれど
正直内容全く頭に入ってこず。
なぜって。
私たちが座っていた後方に、
同じ再建待ちと思われる3人の方々が
この病院で有名なマダムのチラシ片手に
色々な話をされており。

気持ちは振り向いて「実は私もー」と
参加したい気持ちを押さえつつ耳がダンボでした。
ごめんなさいm(_ _)m

話の内容的に、病院横で月一開催されている
マンマサロンや再建サロンに参加された方のようです。
そういう会に参加したことのない私にとっては
かなり新鮮に耳がダンボでした。
もう一回、ごめんなさいm(_ _)m

で、その会話の中で気になることが。
一人の方が非浸潤の術後無治療→のちに浸潤見つかるという
ニュアンスの話をされていて。
自分も非浸潤の術後無治療だし…と何気に隣を見ると
ツレも耳がダンボでした。


気分がブルーになりつつ、やっと呼ばれて診察へ。
しこりのことを早々伝えると確かに触れるね~ってことで

「乳腺の外来はいつ頃?」
「ないです。」
「え?!術後定期検診は?」
「しなくていいって」
「いやいやいや、やるでしょ」
「あ、会社の集団健診は受けましたけど」
「ん~、とりあえず乳腺I先生に予約入れましょう」

再建K先生的には、おそらく手術時の糸が触れているのでは?
でも実際は何とも言えないので乳腺で見てもらいましょう、と。
もしも腫瘍であるならば…、それはそれで。
そうでなければ再建外科の方で部分麻酔して処置します、と。



そんなわけで明日は7ヶ月振りに乳腺I先生と再会です。
以前聞けなかった、ホルモン受容体のこととか
この病院が大変混んでいるのなら他の病院への紹介状を書いて欲しいとか
言いたいなぁ。
言えるかなぁ。
言えないかも。

そんな感じの一日でした。
スポンサーサイト
テーマ:乳がん
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。