スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いまだ、全く先が見えず。
2012年04月27日 (金) | 編集 |
通院日(4/27)
到着早速、乳腺外科の診察が2時間半遅れの告知。
まぁ仕方ない。

***

先週の月曜(4/16)仕事が終わり、休憩室でスマホを見ると病院より着信有。
主治医より電話が欲しいと留守電が残されていた。
時間はすでに19時前。
明日にするかな…いや、火曜は外来で混んでいるだろうから…
と、病院へ電話。

主治医と話すことが出来た。

・整容性を考え今後再建をする場合、 やはり放射線の後は厳しい。
・例えばエキスパンダーを同時で入れるという可能性含めて、
次の月曜に予約を入れたので形成の診察を改めて受けたらどうか?
・その時の内容含めて金曜の診察でお話ししましょう。

こんなニュアンスだったと思う。

この時は、再発という暗い気分にかすかな光が射してきた?
えぇ、えぇ、何がなんでも月曜病院行きますとも!

今振り替えると、あの時の軽く上がったテンション返して欲しい(笑)

****

月曜日(4/23)
休むことは無理だったが、早退という形で病院へ。
時間通り内待合に呼ばれる。
普段の形成では考えられないことなので逆に焦る(笑)
各診察室前にあるプレートにS先生の名前が出てない。
…違う先生だったり?
いやまさか。
木曜じゃないからね。
と、病棟にいたと思われる先生登場。
目の前を通って診察室へ。

軽く会釈したけど分かったかな。
あぁ、この患者さんね。ぐらいは気が付いたかな。
とか考えてたらすぐ呼ばれる。

・過去に再建した箇所に再発したケースがほとんどない。
・なので現状、こうしましょう!と指南出来ることが今は思い付かない。
・再建は、再発の可能性が出来るだけクリアな状態で行いたい。
・同時でエキスパンダーを入れた場合、
皮膚(筋)の状態が現状だと何とも言えず薄くなる可能性が高いと思う。
なので傷の状態が落ち着いてからの方が良いと思う。
・急がば回れ、まずは治療優先し状況をみながら再建が良いと思う。
・ただ、部分摘出と全摘を考えると今後の整容性から全摘を奨める。

こんな感じのやりとりをした。
外来日じゃないのに時間を取っていただいた。
一瞬の可能性を期待したけれど無理だった。
再びの再建が無理と言われたわけではない。
無理ではないけど見通しもない。
んー。
頭の中では理解できても心が納得出来てない。

会計を待つ少しの間、泣いた。

***

通院日(4/27)
予約時間からもうすぐ2時間半。
途中、お昼食べに行っちゃおうかと受付に伝えると
あと5人で呼ばれますよ、と。
微妙な人数だなぁ、慌てて食べるのも嫌だしなぁと
待つことそれから40分。
一人10分として50分だもんね。
判断力鈍ってるなぁ。
このあと乳腺主治医と会って、訊きたいこと言いたいこと話せるかな。
一応、手帳にはメモってきたけど…切り出せないかも。

まずは、お腹が空きました。

-----

4/27の乳腺外来の時にスマホでアップしようと思いつつ力尽きた内容を
改めて加筆してやっとアップです。
スポンサーサイト
テーマ:乳がん
ジャンル:心と身体
コメント
この記事へのコメント
再建した所に再発って…
残した皮膚からというのとも違うのかな。
そんな事って、あるんですね。
つらいですね。
一度全摘が必要になるのでしょうか。
つらいでしょうが、納得のいく治療が受けられますように。
2012/05/08(Tue) 20:15 | URL  | あめたい #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/05(Tue) 08:50 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。